スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一曲リピート集中砲火 (Johnny Boy) 

 
ジョニー・ボーイジョニー・ボーイ
(2006/06/28)
ジョニー・ボーイ

商品詳細を見る


さっきから、
Johnny BoyのYou are the generation that bought more shoes and you get what you deserve
という曲ばかり聴いている。(なげー曲名やな。)


これも、いつか友人に音源をもらったうちの1つです。

このJohnny Boyというグループ。
男女2人組で、UKで2004年にリリースした曲、「You are the generation that bought more shoes and you get what you deserve」で世界中の注目を集めたらしい。


そのくそ長い曲名のこれが、まさに今。
オレの一曲リピート集中砲火の目にあっている最中なのです。


いったい何なんでしょう。この曲の魅力。

いや、ただ聴いているだけやったら、ちょっと物悲しい雰囲気です。
そんな雰囲気をちらつかせながらも、何かの始まりを告げそうな。
そんな曲の盛り上がり方をみせている。

しかし、このどこか物悲しい感じは、何かを悟ったのか。何かをもう諦めているのか。
いや、何をかはわかりませんが。

もし、この曲が何かを批判とかしているのであれば、
相当辛辣なことを言っている気がする。

言っていることは簡単かもしれへんけども、
それ故に心に響くことを言っているのかもしれない。


オレには、もう、前奏の雰囲気だけで負けてしまいそうだ。
酒があれば、泣いてしまってそうだ。


オレにはカッコいいこととか書く能力が乏しいので、
とりあえず、聴いてみて下さい。


Johnny Boy - You are the generation that bought more shoes and you get what you deserve


こいつが歌詞です。

まったく、素晴らしい曲やね。
これがリリースされたのが4年前。

4年も知らんかったことが、悔しいです。



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。応援クリックお願いします。↑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。