スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年のオレ的UKロック!ベスト3ぐらい。 

mixiの某コミュニティに書き込みをしてみた。

お題は、
「昨年よく聴いたUKロック」
(まるで、答えを言っとるようなもんやんけ。)


と、いうわけで。
以下、オレが挙げたベスト3。


1位:Troubadors / The Troubadors


ザ・トルバドールズザ・トルバドールズ
(2008/09/24)
ザ・トルバドールズ

商品詳細を見る



Gimme Love - The Troubadours

このバンドは、本当によかった。
アルバムに穴なし。大好きやった。
この記事でも、大いに賞賛しましたね。


2位:The Colourful Life / Cajun Dance Party

The Colourful LifeThe Colourful Life
(2008/04/28)
Cajun Dance Party

商品詳細を見る



Cajun Dance Party 'The Race'

この曲が好き。もう凄く好き。
展開なんか、もう、ジンジンきてしまうのですよ。
まだ10代とかなんやろ。彼ら。

凄いよなぁ。
こんなん10代の感性で作れてしまうもんか。
素直に先が本当に恐ろしい。


3位:St.Jude / The Courteeners

St. JudeSt. Jude
(2008/04/08)
The Courteeners

商品詳細を見る



The Courteeners - 'Acrylic'

「St.Jude」というアルバム名を出しつつ、
この曲はその前のミニアルバム、
「Here Comes The Young Men」に入っとったりするんやけどさ。

彼らは昨年ライブに行って、
サインをもらったりしたので、
ぜひこのCDの紹介もしたいところ。

ボーカルのリアム。
カッコよかったっすよ。凄く。



同着3位:Acres Of Dead Space Cadets / Elle Milano

Acres of Dead Space CadetsAcres of Dead Space Cadets
(2007/12/21)
Elle Milano

商品詳細を見る



Elle Milano - Meanwhile In Hollywood

このアルバムは、退院したての頃によく聴いた。

ちょうど就活の頃やったから、これを聴くと、膨大なエントリーシートをせっせと書いていたことを思い出したりします。


次点:Antidotes / Foals
AntidotesAntidotes
(2008/04/08)
Foals

商品詳細を見る



Foals - Cassius


これは、友人の樋口にもらったやつの中にあったやつやな。
だから、リリースは4月らしいけども、
これを聴くと、秋頃を思い出す。

彼らもかなり独特やなぁ。
ほんとに、酒が飲めたらぜひ肴にしたかったぜ。



と。まぁ、こんな感じでございました。

あと何枚かあったりするんやけど、
UKで、2008年にリリースっていうしばりがつくと、
こんな感じになるのかな。

何か、結構新人が多いような気がするけども、
それはそれだけ、
新陳代謝がうまくいっとるってことにしておこう。


今年もいいバンドとか曲に、
そりゃあ巡り会うに決まっとるやろけど、
それが楽しみで仕方がない。

だから、今年はせめて去年よりも、
足しげくタワレコに通ってみよう。

去年あれだけ音楽に触れられたのは、
HDで1000曲ぐらいくれた樋口のおかげやからな。絶対。

同じ聴き方しとったら、
とうてい昨年には及びません。


でもさ。

そんな通うヒマとかあるんかな。
小生、新社会人になるわけですが。。。



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑
スポンサーサイト

悲しいような、よくわからない気持ちになった。(Spiritualized ほか) 

もう1つの日記系ブログで、2008年を振り返る記事を書いていた。
もう、何て言うかね。愚痴ですよ。一言で言うと。



そしたら、何かとっても悲しいような何かよく分からない気持ちになってきた。


やっぱり、ごわごわする負の部分を文字にするために対峙したりすると、心が疲れるのかもわからんなぁ。




まぁ、とりあえず。
そんな気持ちの時に流れていた曲をあげます。




Spiritualised - Do It All Over Again from Let It Come Down



The Kooks - Shine On from Konk


こんな気分の時こそEmoを聴きそうなもんやけど、
今日はどっこい。UKやねー。


どちらのバンドも本当に素晴らしい。
バンド全体が塊となって、体に染み渡る感じがする。とてもいい曲だ。

本当は、2008年のランキングでも書こうかと思ったんやけどもね。
それは、またの機会に。


Let It Come DownLet It Come Down
(2001/09/17)
Spiritualized

商品詳細を見る



KonkKonk
(2008/04/15)
The Kooks

商品詳細を見る


にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

UK Japan 2008 

h1.gif

思いっきり今さらではあるんやけども、
今年は、2008年は日英修好通商条約調印150周年にあたるらしくて、
それで、様々な、文化的にも英国との交流を強化しようとする試みがなされとるらしい。


音楽だけにとどまらず、
UK文化に関する何やら面白そうなイベントやら、ブログやらがたくさん掲載されているようなので、
一度見てみてはいかがでしょうか。

それにしても、よくできたロゴやなぁ。



そういえば、今年のサマソニも多分そのようなエッセンスが入っとった気がするよなぁ。
UKの新しいバンド老舗といえるバンドもいっぱい来日したし。

オレが行った日は東京の一日目やったんやけど、
遅刻とか諸事情などで、
The Blood Red ShoesThe Killsも見られやんだ。


次彼らが来日する際はぜひ行こうかと思っとったら・・・

なんと、12月に一緒に来日するらしいっすね。


The Blood Red Shoes&The Killsのツアー詳細


いやぁ、これはまったく嬉しいニュース。


東名阪。
特に東京では、夏に見られやんかったぶん、
ヒートアップしそうな予感がするなぁ。



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑あなたの一票が力になります!応援クリックお願いします。↑

曇りの日にはUKロックを聴こう。(Travisとか) 

起きたら、空が曇っている。
どんよりとしている。


最近はからっと晴れることが多かったと思うんやけども、
起きた瞬間に曇り、っていうと、
なかなか何をしようという気にもなれへんもんですな。


仕方ないから音楽をかけよう。

こんな日は、UKロックを聴こう。
しかも、ベタなものばかりを。
何もしたくない時は、新規開拓するよりも、よく知る曲でいい。


Travis : Writing To Reach You


New Order - Regret



Radiohead- Scatterbrain(PVではありません)


あー、何かもう一回寝たくなってきた。
さすが、UKだ。

こんな日もありかもしれん。

今日は、読書でもして過ごすことにいたしましょう。



にほんブログ村でUKロックの情報をみる

にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。応援クリックお願いします。↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。