スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいような、よくわからない気持ちになった。(Spiritualized ほか) 

もう1つの日記系ブログで、2008年を振り返る記事を書いていた。
もう、何て言うかね。愚痴ですよ。一言で言うと。



そしたら、何かとっても悲しいような何かよく分からない気持ちになってきた。


やっぱり、ごわごわする負の部分を文字にするために対峙したりすると、心が疲れるのかもわからんなぁ。




まぁ、とりあえず。
そんな気持ちの時に流れていた曲をあげます。




Spiritualised - Do It All Over Again from Let It Come Down



The Kooks - Shine On from Konk


こんな気分の時こそEmoを聴きそうなもんやけど、
今日はどっこい。UKやねー。


どちらのバンドも本当に素晴らしい。
バンド全体が塊となって、体に染み渡る感じがする。とてもいい曲だ。

本当は、2008年のランキングでも書こうかと思ったんやけどもね。
それは、またの機会に。


Let It Come DownLet It Come Down
(2001/09/17)
Spiritualized

商品詳細を見る



KonkKonk
(2008/04/15)
The Kooks

商品詳細を見る


にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

スポンサーサイト

12/26 タワレコにて 

最近、全然新譜なんかチェックしていなかった。

なかなかそういう日々が続くと、
時代に取り残されている。と言えば語弊が生じるが、
オレの知らない名曲が、本当に知らない間に埋もれていっている。

という、もったいなさにも似た感覚にふいに襲われる。



今年の秋頃、友人の樋口にハードディスクを通じて1000曲ほどもらった。



UKロックが中心やったんやけれど、
これにはオレが欲しかったヤツとか、
彼のオススメがたくさん詰まっておりましてね。

ここまでUK漬けになったのは本当に久しぶり。
たぶん、オレの音楽感は変わりました。きっと、いい方に。
本当に、ありがたかった。



そんなわけで。
そんないろいろな反動も含め含めてタワレコへ。
一気に6枚。買ってまいりました。


1,Folie A Deux / Fall Out Boy (→感想)
2,AloneⅡ / Rivers Cuomo
3,A Reason To Believe / Parker Theory
4,What They Do For Sun / The Ropes
5, S.T. / American Football →感想
6,25 Greatest Hits / Frankie Lymon & The Teenager



見事UKなし!

来とるな~。反動。


内訳としては、
1, 発売してやっと買ったFOB新譜。
2,前作Aloneがあまりにもサイコーすぎたリヴァースの未発表トラック集。何も考えずに即買い。
3,試聴して即買い決定。90'sエモテイストという素晴らしい御触書の作品。これはいい。
4,試聴した限り、結構いい曲揃いで何かオシャレ。ちょっとkillsっぽい?
5,1曲目を聴いてビリビリしびれた。エモでポストロックで、10年前にリリースされた世界遺産的アルバムらしい。
6,アメリカのジャズっぽいオールドな感じがする人達。
実際50年前のトラックがあるので、そりゃあオールドやな。


という感じでございます。

何か、今回のメンツはいい。
久しぶりにいい買い物をしてきたという感じがする。
これから聴いていくのがとても楽しみや。


ほな最後に1曲。
4のThe Ropesから。


The Ropes - Kill Her Off




なんか感動したら、レビューします。



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

冬晴れの日とFountains Of Wayne 

昨日はいきなり寒くなって、
東京では最高気温が5℃というナメた数値を叩き出していた。

前日よりも10数℃低いとかどないやねん。
完全に、
この気候はオレの風邪を治してくれる気はないらしい。



全国的に寒いのかな。今って。


今日も、起きたら午前も終盤。
外は、すっきり冬晴れという感じやけど、
なぜか夢の中で音楽が流れてきたので、
起きてその曲を聴いている。


まぁ、それはFountains Of Wayneなんやけれども、
なんで頭の中をそんなにぐるぐると。深層心理ってやつか。



Welcome Interstate ManagersWelcome Interstate Managers
(2003/05/27)
Fountains of Wayne

商品詳細を見る


オレは、彼らの中では、特にこのアルバムが好きなんです。


全体的におとなしめなギターロックではあるんやけれども、
一曲一曲がとってもキャッチーで、聴きやすい。

冷たくて、暖かい。


こんな晴れた冬の日にはぴったりですよ。

何やらよくわからんことを言っとるような気もしますが。

アコースティックな感じが好きな人にも、とってもオススメです。





♯1 Mexican Wine-Fountains of Wayne



♯6 Valley Winter Song - Fountains Of Wayne


いやぁ。メロディセンス、抜群ですね。



Welcome Interstate ManagersWelcome Interstate Managers
(2003/05/27)
Fountains of Wayne

商品詳細を見る



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

12/23 ディスク・ユニオンにて 

御茶ノ水のディスク・ユニオンの新店に行ってきた。

新しいはずやのに、全然新しくないところが、
さすがのユニオン・クオリティといったところですね。


さて。今回ゲットしたのは以下の5枚。


1.The Rising Tide / Sunny Day Real Estate (レビュー
2.A Mark ・ A Mission ・ A Brand ・ A Scar / Dashboard Confessional
3.Low Level Owl : Volume Ⅱ / The Appleseed Cast
4.If These Streets Could Talk / Just Surrender
5. "Solo Soli iiiii" / Scratch Pet Land



全体的にエモエモなチョイスになりました。

どれも前から名前は知っていて、欲しかったものばかり。
自分の中でどうよくなっていくのか、楽しみやわぁ。


ただ、5つ目。こいつは、完っ全にジャケット買い。


Solo Soli iiiii [12 inch Analog]Solo Soli iiiii [12 inch Analog]
(2001/03/12)
Scratch Pet Land

商品詳細を見る


どんな感じなんやろなぁって。

置いてあるジャンルもまったく違う。
iTunesに入れてみたら、

Industrial

という、新たなジャンルに区分けされてしまった。



聴いてみたけど・・・。
うーむ。今のオレにはいまいちよくわかりません。




これって、どこがいいの?

決してバカにしているわけではなく、
知らないジャンルすぎて、純粋にわからない。



もし分かる人。こういうのが好きな人。
いらっしゃったら、どのへんがくるのか教えてください。マジで。




Scratch Pet Land "Escargot Couleurs!",


でもなんか映像で見ると、
ただ聴くよりも、はるかにいい気がするな・・。



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

GUK好きに!という文字を見て買ったバンド(Ultimate Fakebook) 

ジャケ買いとか、店頭での評判買いなど。

試聴をしない買い方って、したことありますか。

オレみたいな貧乏な学生にとっては、
やっぱりCDなんか高価やから、
どうしてもそんな怖い買い方は気が進まない。

もしハズしてしまったら死活問題やからね。
精神的にも、フトコロ的にも。


でも、たま~に。
ほんま、たま~~に、そんな買い方をする。




特に弱いのが、

「○○○好きにオススメ!」

みたいな文字。


それが大好きなバンドやったらやっぱり気になってしまうわけで、
場合によってはそのレコメンド文とジャケの雰囲気だけで買ってしまう。


今回は、
The Get Up Kids(以下、GUK)好きにオススメ!!
と言う文字に惹かれて、渋谷の今は無き小さなCD屋で買ったアーティストを紹介します。


277311.jpg
Ultimate Fakebookというバンド。



Open Up & Say AwesomeOpen Up & Say Awesome
(2002/04/16)
Ultimate Fakebook

商品詳細を見る




GUK風と言うから、さぞかしエモエモなんかと思ってしまう。

「GUK風=初期の衝動を期待」という悪しき公式にこれまた惑わされながら。
ドキドキしながらCDをまわしてみる。



おっ、なんや、
結構さわやかやないか。



GUKで聴かれるようなガムシャラさみたいなものはなかったけど、
(多分、年齢的にそんなお年ではないんやろう。)
曲がとても上手な印象を受けた。

随所にちょいちょい、せつなくエモいフレーズが入っとったりして、
結構オレの好みやった。一昨年のヘビロテ。買ってよかった。



黒いジャケの通り、
夜なんかのドライブにもぴったりな感じやと思う。


明るいんやけれど、どこかせつない。
朝聴くよりは、夜にぴったり。


そういう面から見てみると、
なんか、これもまた、「大人のエモ」って感じがしますね。




Ultimate Fakebook - Inside Me, Inside You



Ultimate Fakebook - Glitter & Glue from This Will Be Laughing Week
(PVではありません。そして、途中でweezerが出てくるのはなんで?笑)


Open up and Say AwesomeOpen up and Say Awesome
(2003/10/06)
Ultimate Fakebook

商品詳細を見る


にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

寝込んだ時や、日だまりの中で聴くロック(アコースティック風味) 

風邪が流行している。

オレのまわりでも、もう一件、インフルエンザで倒れたヤツがおって、
その大変といったら、もう、察するに余りある。

やっぱり、20歳を超えてのインフルエンザなんかは、
もう、いっそのこと殺してもらった方が楽になるぐらいの辛さやろうからね。




さて。
今日は、そんな寝込んだ時に、楽になるような曲にしましょうか。


寝込んでなくても、
晴れた落ち着いた日、日だまりの中で聴くのに適したもの。

むしろ、そっち向きやな。
いわゆる、眠くなりそうなものにします。



Sixpence None The Richer/Dizzy→ Tension Is A Passing Note
(from Divine Discontent.2曲あります)





albert hammond jr. - spooky couch(from como te llama )
(↑ストロークスのギタリスト。インストです。)



いかがですか。


風邪引いとっても引いてなくても、
落ち着いて眠りにつけるやろう。



なにっ?

うるさいやと?



もう、パソコンなんかつけとらんと寝なさい。



みなさんも、風邪には気をつけてくださいね。


Divine DiscontentDivine Discontent
(2002/10/28)
Sixpence None the Richer

商品詳細を見る


Como Te Llama?Como Te Llama?
(2008/07/08)
Jr. Albert Hammond

商品詳細を見る



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。