スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョーイチ!(Mae - Suspension 

もう一月も終わり。

卒論やら何やらで
何かと忙しい月やったけども、
2月と3月ははもっとこう、もうちょっと、
「充実」ってものを意識していこうかなと思ている。


「充実って何よ?」
なんて言われたところで、
何を指して充実とするかは、
果たして定かではないんやけどもさ。


でも、何かえーやん。「じゅーじつ」。
まぁ、オレには結構自己満足なワードに見えてもいるんやけど。


でも、その前に、やることが1つ。
人生において誰もが通る一大イベント。
自動車の教習に通いつめやなあかんのです。

あぁ、面倒くさい。
もうとても、面倒くさい。

いやぁ、やっぱり車みたいなもんは、
早く取得しておくにこしたことはないな。

切々と、そのへんを感じちゃっています。


華々しい2月に向けて!


今日の一曲。

Mae - Suspension
from The Everglow


きました。Mae(メイ)ですよ。

オレはもうこの曲が入ったアルバムが、
あまりにも好きで好きで好きすぎるので、
きっとこいつについても触れたいと思っています。


個人的には、やっぱり春頃にしようかな。
とか思ってたりしたんやけど、
やっぱりもうそろそろいってしまいそうだ。
この感じやと。


2月中に何とか教習を終えて、
3月は、とりあえず東京からいなくなろう。
まぁ、国内でも海外でも。
ヘタレのるろうにになるでござるよ。


でも、2月中に教習を終えるなんてことは
果たして可能なんやろうか。
まずはそこやな・・・。


にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑
スポンサーサイト

キョーイチ!(Funeral For A Friend / You Want Romance?) 

今日、バイトが終わって家に帰ってみると、
昨年末にやったライブのDVDが届いていた。


普通やったら、
即刻再生して、ネタにしてしまおう。
とか、そんなもんなんやけど、

なぜか、今回はそんな気になれない。
つまり、再生をする気になれないのです。


このライブ。
オレにとっては、ほんまに久方ぶりで、
どんな風に写っているのか。

まぁ、つまるところ、ヘタレているんだね。



今日の一曲。


Funeral For A Friend - You Want Romance?
from Escape Artists Never Die


この曲をやったんやけど、
オレは明らかにこの曲の時にミスをしてしまった。

シャウトしとるうちに自分を見失うような感じで。


いやぁ、その事実を直視するのが
何か怖くて恥ずかしくて。

どないしようもない感じなんですわ。


また、誰かがオレん家に来た時に
ネタで再生する用にとっておこう。


とりあえずそれまで封印やな。ふういん。


にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

キョーイチ!(The Kills - Last Day of Magic) 

毎年冬になると、
もうそれはお決まりのように叫ばれる乾燥対策

部屋をからからの状態から防ぐことで、
ウイルスの繁殖を防ぐためと言うけれど、
みなさん、対策はしておいでですか。


オレの部屋では
昨年は加湿機がフル稼働やったんやけど、
今年はあろうことか、
清掃の際にオレの手からすり抜け、
華麗なる自決を遂げやがった。



そんなわけで、
もうひたすらに繁殖をしているかもしれないウイルスに
おびえ続ける毎日であります。



今日の一曲。

The Kills - Last Day of Magic
from Midnight Boom

こうなったら、
この2人(ホテルとヴィヴィ)みたいにケンカや。

ウイルスとケンカ。大ゲンカ。


ボッコボコにしてくれるわ!!!


と、凄んでみてはみるものの、
負けることは火を見るよりも明らか。

むしろ、ケンカなんかして勝てるようならば、
アメリカかどっかの金持ち財団に
この特殊能力を売りつけにいこう。
オレがあなたの部屋のウイルス消し去ります。みたいな。


とりあえず、
洗濯物を室内に干してみて
なんとか誤魔化しているわけやけど、
やっぱり加湿機買ったほうがえぇかなぁ。一番安いの。


買おうか、買うまいか。
そう悩んでいるうちに、
気づけばいつの間にか冬が開けてしまう。


そんな都合のいいことを
祈らずにはいられないのでした。



にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

American Football / S.T. 

以前、
今年のテーマは90年代及び00年初頭Emoやー!
みたいなことを高らかと申し上げた


いつか購入したやつの中で、
ちょうどそれにあたるやつがあったから、
紹介することにしましょう。

American Footballって知ってる?

オレはもちろん全然知らんかったんやけど、
タワレコの90年代ロックみたいなコーナーに、
「これを聴いて泣きました。1曲目が本当によすぎ!」

みたいなことがあったので、
ちょっと視聴して買ってみた。


American FootballAmerican Football
(1999/09/28)
American Football

商品詳細を見る



まぁ、期間的には、
本当に90年代ギリッギリやけどね。

軽やかで切ない#1:Never Meantから始まるこのアルバムは、
2曲目からいっそうポストロックの様相を呈していって、
アルペジオが際立つ彼らの世界に吸い込まれていく。
トランペットが絡んできて、それが一層の情緒を感じさせたり。


メロディは繊細で、
何かいろいろ泣いている。
あぁ、大好物や。こういうの。

夕暮れ時なんかにひっそりと聴いていたい感じかもしれんね。


もの凄く落ち着きがあるけれど、
その裏には物寂しさがある。

それがとても心地いいアルバムです。



#1 Never meant


この時期のエモって、本当にシンプルさがある。
ポストロック的要素も多分にあったりして。


だからこそ、一回聴いただけじゃ
いまいちピンとこやんのが多かったりすると思うんやけど、
いざピンときた時には、
何やら思い入れの多い一枚になっていることが多い。

まぁ、ただ単に、
オレにそういった感性が乏しいだけかもしれへんのやけど。

でも、ある意味では、
これは聴く人を選ぶロックなんかなぁ。
とか思ったりしています。


American FootballAmerican Football
(1999/09/28)
American Football

商品詳細を見る




にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑

キョーイチ!(New Found Glory - All Downhill From Here) 

今日は、ろくに寝もしないで試験を受けてきた。

一夜漬けで試験に臨むなんてさ。
何か、1年生の頃から、
いいや、高校生の頃から、
いいや、中学生の頃から、

全く進歩がないような気がするな。

まぁ、試験ができたからよかったものの・・・。


そうそう。
ドトールに行ったら、
クロックムッシュが新しくなっていた。

20090123212825.jpg

チーズの上に焦げ目がついたりなんかして、
見た目自体もよくなっただけでなく、
味自体も、かなりの進化を遂げておりました。

どないでしょ。一度食べてみては。


今日の一曲。

New Found Glory - All Downhill From Here
from Catalyst


なんか、チーズとかピザとか、
そういうものが出てくると、
アメリカンなイメージがありませんか。

そんなわけで、アメリカンなNFG。

昨年のサマソニでは、
暴れすぎて、息が切れてしまったよ。

でも、こんな曲がかかってきたら、
体が動かへんわけがない。

今年は3月に、
Forever The Sickest Kidsを従えて来日するんやっけ。


暖かくなってきて、
パンスプを前になかなか濃い汗がかけそうな気がするなぁ。




にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。