スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pinkertonノススメ (Weezer) 

秋も深くなってきました。

気温も涼しくて、それだけでちょっとセンチメンタルな気分になったりしてしまう。
恋が始まりやすい季節とでも言えるかもしれへんね。

聴く曲も、やっぱりゴリゴリのアメリカンロックから、
ちょっと繊細さみたいな感じのするエモい曲にシフトしてきました。

さて。

昨今のエモブーム。
某外資系CDショップなんかではコーナーまであったりと、
今や市場にすっかり定着した感のあるこのエモという概念。

エモの代表格ってえとさ、古くはThe Get Up Kids(GUK)とかJimmy Eat World(JEW)とか、いろいろ出てくると思うんやけども、
なぜかweezer(特に初期の)という名前はあんまり上がってこないような気がした。

こう、何と言うか、エモに特化した世界ではリスペクトの対象から外れているというか。


最近、こんなことがあった。

「エモいの好きなんすよー。」
みたいなことを嬉々として言う20歳ぐらいの子と話をしたとき、

「へぇ。じゃあ、Weezer好き?あれもエモいやんか。」
みたいなことを言ってみると、


「Weezerっすか。あれってエモいですかね?」


という答えが返ってきた。

なるほど。
聞いてみると、春ぐらいに出たRed Albumは聴いたらしい。
しかし、それしかWeezerを知らないとのこと。

まぁ、しゃーないよな。
Blueとかピンカートンとか、もはや10年以上も前に出たアルバムやもん。
知らんくても仕方がない。というか、それが普通なんやろうと思う。


せっかくいいタイミングでこんなことがあったからということで、オレの好きな方を紹介することにします。

weeee.jpg

みんな大好きWeezerの2ndアルバム。Pinkerton(1996)でございます。


まぁ、ね。このアルバム。いっぺん聴いてみなさいよ。
君のWeezer像は変わるで。完全に。


完全にエモ。もう、どエモ。

1曲目からもうエモーショナルな叫び満載です。

オオオオオオオゥ!!!

これだけで、ご飯がおかわりできそうな勢い。


もう、満たされない思い、どうにもならん叶わない恋を、
声がかれるぐらいに歌い倒す。魂で、歌い倒す。
ギターも泣きまくりで、曲全体が一つの衝動のかたまりとなって襲いかかってくる。


これをエモと呼ばずして、何がエモなんやろうか。



思えば、初期GUKも初期JEWも、同じようにこの衝動があった。


けど、バンドや、その曲を作る人間自体が成熟してくると、
もうこの衝動で奏でるというのはムリなんやと思う。きっと。
技術も上達するし、経験も積まれる。メロディのセンスが凄ければ、泣ける曲なんて、いくつも作れるやろう。

しかし、とりわけエモバンドの「初期」にこだわる人というのは、
やはり、がむしゃらさとか、それゆえの猪突猛進さ、疾走感に快感を覚えてしまっとるから、なかなか抜け出せない。
そんなことは百も承知やのに、割り切れない。


そんな、たくさんの人を虜にして、10年以上経ってもまだ未練たらたらに次のアルバムにもそれを求めさせてしまうような若いからこそ出せる音。
(といっても、リヴァースはこのとき26歳なわけやけども。)


果てしない音楽センス+衝動。


この衝動で表現しきれる力こそが、本当に神から授かった才能なんかもしれんと、
いまだにいろんなバンドの「亡霊」に取り付かれた私は思う。



とりあえず、エモ好きでこれを聴いたことがない人は、聴いてみた方がいいよ。

最初はとっつきにくいかもわからん。
てか、多分とっつきにくいと思う。

けども、あなたの魂が一度この曲群の中にすうっと入った瞬間。
これは人生でもかけがえのないアルバムに変わります。


weezerはオルタナ?パワーポップ?


もちろんそう。

だからこそ、エモってのはジャンル分けができへんもんなんやと思う。




♯1 Tired Of Sex
♯2 Getoo
♯3 No Other One



♯8 Pink Triangle




ピンカートンピンカートン
(2006/05/17)
ウィーザー

商品詳細を見る


にほんブログ村でもっとWeezerの情報を探す!

にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。応援クリックお願いします。↑


FC2PIYO 


スポンサーサイト

コメント

>>kaeruさん

なるほど。「攻撃的」ですか。
それもまた、結構重要なキーワードな気がしますね。
もしマットが脱退してなかったら、
またもうちょっと違うweezerになっとったかもしれませんねぇ。

リバースの大阪弁、誰に吹き込まれたんでしょうかね(笑)
今は、奥さんが日本人ですから、
もうちょっと日本語いけるかもしれません。

こういうカタチで日本と関わりがあるってのも、
ファンとしては、嬉しい要素やと思いますよ。

weezar

そうですね~私個人の感覚なんですが、やっぱり、マットが抜けたグリーン以降は音的にも「攻撃的」のように思えます(^_^;)
マットの曲がかなり優しい感じでポップ寄りだったので、私的には聴きやすいんですよね(*^_^*)余談ですが、
00年でのサマソニが初めてweezarを見たんですが、リバースの大阪弁の上手さに笑いました(笑)
「おおきに~」とか、なぜか「すみとも銀行があるねん」と言ってました(笑)

>>kaeruさん

グリーンが出る前のweezerを体感しているなんて!
いやぁ、話を聞けば聞くほど羨ましいですよ~。

やっぱり、マットの存在は大きかったんですねぇ。
「ふわっとした感じ」というのが、
やっぱりグリーン以前と以後の大きな違いの1つなんでしょうか。

オレも、「Make Believe」は好きです。
要所要所での切ないカケラと、技術の融合がとっても巧みだと思いますよ。

お返事ありがとうございます(^O^)

ライブ行ったんですが、かなり昔ですよ(^_^;)
まだマットがいた頃とマットが抜けて、まだ「グリーンアルバム」が出てない頃と見ましたv-221
2回目のマットが抜けた後のライブがマットがいた頃のふわっとした感じがなくて、何だか悲しくなったのを思い出します(:_;)
マット好きだったんで「レンタルズ」も好きなんですよね(*^_^*)
ブラーのデーモンが当時仲良くて、
ゲストに出たりしてたのも影響してるんですが(^_^;)
でも、「make belive」は少し昔に戻った感があって、好きなアルバムです(*^_^*)

>>kaeruさん

そうですよね!
もう、あのヘタレ具合なんかは、エモの定義を満たしまくってますかねぇ。

ライブ行ったんですか!?しかも2回も。

オレは今年行きそびれたので、次行けるのはいつになるやら、って感じですよ。
いいなぁ。ほんまに羨ましいです。。。

weezerは私もドエモだと思います(*^_^*)あののび太君(リバース)の悲痛な失恋ソングはエモ以外の何物でもないでしょうww
「アイモソーリ~♪」連呼ですから(笑)彼等のライブは2回見ましたが、やっぱりマットがいた頃が一番好きです(>_<)だからピンカートンが一番好きなアルバムです(*^_^*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moguro2.blog19.fc2.com/tb.php/10-4d268ca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。