スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人のエモ(Transatlanticism / Death Cab For Cutie) 

今日は、正午をまわって、急に薄暗くなってきた。

こういう時、何か優しい曲を聴いてみたくなる。


そんな時、Death Cab For Cutie(以下、デスキャブ)を聴く。


今年のサマソニに出るということでいっぺん聴いてみたかったアメリカのバンド。
たまたま近くのツタヤにあったのを発見したから、借りてみた。


desucab.jpg

Death Cab For Cutie/Transatlanticism(2003)



このアルバム。ピアノとかを使って、ゆっくりと、ゆったりとした曲が並んでいる。

♯2、7、9なんかはまったくドつぼですよ。本当にせつなく、いいメロディ。いい曲や。
昼下がりとか、夜ゆっくりとしとる時に聴いたら凄くおいしいやろうなぁ。



さて、このアルバム。ツタヤのレコメンド文では「大人のエモ」という紹介をされとった。


んん、「大人のエモ」とは何やろう。

そもそも、エモに子供も大人もあるものやろうか。


まぁ、何となく分かる気がするんやけどさ。

多分、今タワレコとかでコーナーが組まれとる、メロコアとかパンクみたいなやつから派生したものを、「青少年のエモ」としてこいつと対比させとるんやと思う。


「青少年のエモ」は、満たされない想いなんかを力の限りに叫ぶ。声が裏返ってもかまいやしません。むしろ、どんどん裏返せ。
まぁ聴いとる方としては、その叫びに共感するし、それが凄く気持ちいい。そして、自身の感情も共に高ぶらせたりするんやけどさ。


一方で、このデスキャブは、そのように気持ちの高ぶりをそのまんま「放つ」のではなく、ゆっくりと、「語って」いく。
すべての想いやうまくいかない恋、絶望を事実として受け入れているように、時に淡々と語っていく。



・・・・おぉ、なるほど。確かに大人や。
なんと言うか、感情の対処の仕方を知っとるようだ。

なるほど。ツタヤはこれが言いたかったのか。
確かに、「青少年エモ」が10代のエモやとしたら、デスキャブは20代のエモっていうのがしっくりくるもんな。



ここで1つ気になることができた。
デスキャブって、これをリリースした時、何歳なんやろう。


・・・・・。


ググってもわからん。探すのもめんどくなってきた。
とりあえず、97年に結成みたいやから、おそらく20代中盤やろうな。

なんか、至って普通の結論やな。

でもさ、ほら、weezerが荒々しいどエモアルバム。ピンカートンを出したとき、リヴァースは26歳やろ。


・・・あれっ。大人やん。


「ほら、リヴァース若いやろ。だから、大人エモはちょっとお兄さんにならなできへんのやって。」
という理論展開がしたかったけども、ムリでした。


とにかくやな、このアルバムは名盤です。
ボーカルのBenjamin Gibbardという男は、心のもやもやであったり、過ぎたことに対する解釈であったり、相手に対する優しさであったり、そういったものを音で表現するのが極めて巧い。

だから、わざわざ歌詞を読まんくても伝わるわけやな。

一人で考え事をしたい時は、これを聴けばいい。妙に落ち着いて、何かわかった様な気になるから。
誰か大事な人とおる時には、これを聴けばいい。隣の人を離したくなくなるから。


そんなある意味悟りにも似た、癒しの効果を持つアルバムです。


♯7 Transatlanticism



Soul Meeets Body (From album ‘Plans’)


TRANSATLANTICISMTRANSATLANTICISM
(2003/09/18)
デス・キャブ・フォー・キューティー

商品詳細を見る


PlansPlans
(2005/09/05)
Death Cab for Cutie

商品詳細を見る



にほんブログ村でもっとDeath Cab For Cutieの情報を探す

にほんブログ村 音楽ブログへ
↑ランキング参加中です。応援クリックお願いします。↑


FC2PIYO 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moguro2.blog19.fc2.com/tb.php/3-3d5065b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。